FXで税金対策は可能?

FXの税金対策と節税情報サイト

申告漏れに要注意!FXを始めたら税金対策も始めよう

まずは税金の基本をおさらいしましょう。 税金とは、所得額に応じて発生するものです。 所得額が多ければ税金も多く、少なければ税金も少なくなります。 FXでの税金対策のひとつとして、必要経費を計上するという方法があります。 FXの取引に対してかかった必要経費を申告することで、所得額を減らすことができるのです。 ...続きはコチラ

夫婦で分ける?法人化する?口座開設にも工夫を

税金は世帯ではなく、個人の所得に対して発生するものです。 また、法人には税金面での優遇措置もあります。 このような税金の仕組みをしっかり理解しておくと、FXの税金対策にも生かすことができますね。 実は、口座の開設の方法を工夫することで節税することも可能となるのです。 ...続きはコチラ

損失分は翌年以降の節税対策に!忘れず申告しよう

さて、ここまで、FXでの税金対策、節税方法について考えてきました。 必要経費の計上と口座開設の工夫。 しかしどれも、「FXで利益が出て、税金が発生した」という仮定のもとでの話。 では、利益ではなく、損失が出てしまった時はどうしたらいいのでしょうか。 ...続きはコチラ

必要経費を計上しよう

サラリーマンでも主婦でも学生でも、誰でも手軽に始められる投資として人気の高いFX。
主にインターネットでの取引なので、今ではスマートフォンでも手軽に取引ができます。
小額から始められる気軽な投資として、人気はますます高まっています。

さて、FXで利益が出た場合には、もちろん税金を支払わなくてはなりません。
収入があれば税金が発生する。
これは当たり前のことですね。
サラリーマンの人にも、確定申告をする義務が生じます。

FXでの利益は雑所得という分類になります。
雑所得とは、給与所得や事業所得に含まれない所得のことを指します。
給与所得のある人は、雑所得が20万円を超えた場合には申告しなければなりません。
給与所得のない人、例えば専業主婦などは、38万円を超えた場合に申告の義務が生じます。
サラリーマンの人がFXで20万円以上の利益を得た場合、必ず申告しなければならないのです。

ちなみに、FXの利益とは「為替差益」と「スワップポイントでの利益」です。
決済前の含み益や含み損が課税対象になるかどうかについては、FX会社それぞれの規定によります。
不明な点は、その会社に確認しておきましょう。

FXの取引はその手軽さや気軽さも相まって、税金についての意識もあまり高くなく、申告をしない人が相当数いるようです。
しかし近年、税務署での調査は強化傾向にあり、場合によっては逮捕、起訴に至るケースもあります。
FXの税については不確定な部分も多いため、担当の税務署によって判断が異なる場合もあります。
不安なことや疑問点などがある場合には、都度、税務署に問い合わせましょう。

とにもかくにも、FXで利益が出たなら税金を支払う。
これは法律で定められていることなのできちんと守らなければなりません。
とは言うものの、誰だって支払う税金はできるだけ少なくしたいですよね。
FXの税金対策や節税方法について今一度考えてみましょう。