FXの税金対策と節税情報サイト

>

申告漏れに要注意!FXを始めたら税金対策も始めよう

必要経費にはどんなものがある?

FX取引のために必要な経費にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、取引手数料。
FX事業者に支払っている手数料はそのまま必要経費となります。

次に通信費。
FXの取引は主にインターネットで行うので、プロバイダ料金も経費になり得ます。
電話で問い合わせや、必要書類の送付などを行った場合には、電話代や郵送代も経費として計上できます。

また、筆記具や印刷用紙等の消耗品。
一般的には10万円未満の物品を購入した場合、その取得費を必要経費にすることができます。

さらに、FXに関する書籍、為替に関する新聞や雑誌代、FXに関する勉強会やセミナーなどへの参加費も経費として認められるでしょう。
そして、関連セミナーなどに参加するために発生した交通費。

以上のものを必要経費として計上すると良いでしょう。

経費計上に必要なのは領収書

先に挙げたような費用を必要経費として計上し所得額から差し引くことで、所得額は減少します。

そして、これらの必要経費を計上するには、領収書が必要となります。
領収書は、必要経費に支払いが生じたことを証明する大切な証拠となります。
都度、領収書をもらっておくようにしましょう。
たとえ、1回では少ない金額だとしても、積もり積もれば見過ごせないような金額になります。
毎回領収書をもらうというのも少し面倒に感じるかもしれませんが、とりあえず領収書をもらっておく、と心掛けておきましょう。
バスや電車などの公共交通機関などの運賃に関しては、領収書はなくても問題ありません。

ちなみに、これらの領収書は、確定申告時に提出する必要はありません。
後に税務調査があった場合に備えて保存しておく、という認識です。
領収書は5年、作成した帳簿があればその帳簿は7年と、それぞれ保存期間が定められています。


この記事をシェアする