FXの税金対策と節税情報サイト

>

損失分は翌年以降の節税対策に!忘れず申告しよう

損失は翌年への架け橋

確定申告というと、納税をするために利益が出たものを申告すること、というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。
FXはじめとする投資の場合、必ずしも利益が出るわけではなく、残念ながら損失となってしまうこともあります。
そして、損失が出てしまった場合は申告しなくて良い、と認識されている方が多いようです。

しかし、損失が出てしまった時こそ、忘れずに確定申告をしましょう。
FXでは、最大で過去3年間の損失を繰り越すことができます。
翌年に利益が出れば、その利益と相殺することができるのです。
損失そのものは残念なことではありますが、それはそのまま、翌年の節税への架け橋となります。
損益に関わらず申告することを心掛けましょう。

損失繰越の注意点は

FXで損失を出してしまった年でも、申告をすることで、最大過去3年間の損失を繰り越すことができますが、海外のFX業者の場合は注意が必要です。
金融庁に登録のない海外業者の場合、3年間の損失繰り越しはできません。
海外のFX業者を使っている場合、金融庁に登録があるか否かを確認しておきましょう。

また、繰り越せるのは、損失だけではありません。
結果的にその年が損失を出してしまっていても、必要経費の有無と利益の有無は関係ありません。損益に関係なく経費はかかっているので、損失の場合でも必要経費を差し引くことは可能です。
損失から必要経費を差し引いたものがその年の所得となります。

FXと税金についてはまだ固まっていないことも多く、税務署により判断が異なることもあるかと思います。
疑問がある場合には、最寄りの税務署に相談してみることをお勧めします。


この記事をシェアする