回収サービスの利用を促すサポートサイト

行政による不用品回収を把握してから業者を利用するのがベター

行政による不用品回収は業者よりも安価

一定以上の大きさの不用品が回収対象外であったり、自治体によって指定ゴミ袋を要求されたりするだけでなく、場合によって不用品を回収地点まで運ぶことを求められるなど、利便性において業者による不用品回収に大きく水をあけられているのです。

しかし、市や役所による不用品の行政処分には、業者による不用品回収に勝る面もあり、業者より安価に定期的な回収が実施され、対応エリアも広域にわたる上に、何より行政主体であることからこれらすべてのサービスを騙されるリスクを負うことなく利用できることは業者による不用品回収との最大の違いであると同時に、行政による不用品処分の最大の利点と言えます。

ただ、行政で対応していない不用品の処分に関しては、回収業者が勝りますし、不用品の買取サービスも行われていないので、不用品の種類と状態によって行政と業者を使い分けるのが望ましいのではないでしょうか。

不要品の買取価格と行政回収を天秤にかける

信用性と汎用性に重きを置く行政サービスの一環である行政回収とビジネスの一種で利益と顧客サービスの両立を利益に比重を置きつつ提供する業者による回収とでは、目的の違いが顕著に現れ、前者が広く画一的なサービスを予算内で実施することを目的としているがためにサービスの拡張性に欠けるのに対して、後者は利益を上げることが目的であるため顧客のニーズに応じた柔軟なサービス提供を有償で行います。

目的の違いから分かるように、行政回収と業者回収は競合関係にあるわけではないため一概に比較することはできませんが、不用品の処分における利点の違いは明らかで、一律にお金を払わなければならない行政回収と場合によってお金に化ける業者による回収では、業者に依頼したくなるはずです。

もっとも、高額買取はほぼないので、業者利用のリスクや預貯金と労力を照らし合わせて、どちらのサービスを利用するか選択するのが無難でしょう。